エターナルフォース健康

夏場のワキガ対策として

2015年3月27日(金曜日) テーマ:ワキガ対策

夏場のワキガ対策として取り組んでいることについて紹介します。

ワキガに気が付いているかたは、それなりの処理や手術など方法があります。

しかしご自分の汗が、ただ普通の汗の臭いと思っている場合は要注意なのです。

わき毛が濃いかったり、太かったり、長かったりする様子の場合は、「自分がワキガかとしれない」と振り返ることが大切です。

ご自分の体質を知る事は、エチケットとして一番大切なのです。

気づかないうちに、脇のにおいが目だっている可能性もあるのです。

わき毛が濃いかったりする場合、毛穴が発達しています。

ワキガの原因であるアポクリン腺も発達している可能性が高いのです。

わき毛が多く生えている状態は、毛根の数も多いことなのです。

その為、当然の事としてアポクリン腺の数も多くなります。

ワキガの臭いを防ぐ為に、冷却シートを脇の下に貼る方法があります。

汗をかかなければ、においが出ることもないのです。

脇の下を冷やしておくことで、汗をかくのを防ぐことができます。

冷却シートと脇パットを一緒に使えば、ワキガの抑制に強い効果があります。

普段から、このようにするかどうかは、人それぞれですが、暑い夏にだけでも冷たい感触となり気持ちがよいものです。

ラポマインの効果は紛れもない本物です